事業内容

主に電気分解を利用した排水処理技術の研究開発を行い、

中でも弊社が開発いたしました難溶性陽極(チタンN-950)は、

高い評価をいただいております。

水の電気分解装置等でご使用になっている

電極の寿命が短くてお困りの方はこちらにご連絡下さい。


サイズ、価格、納期は、ご相談致します。

水処理工法には、生物処理、物理処理、化学処理、土壌処理などがあります。

単一後方の組み合わせで処理が可能な場合もありますが、 

「電気分解水処理」は、 化学処理と電解分解で発生するコロイダイエアーを」活用した

物理処理を組み合わせた水処理です。


会社概要

大坪環境エンジニアリング株式会社

設立   平成18年12月16日

所在地   東京都新宿区四谷三栄町2番地14号-120

TEL   03-3358-1948

FAX   03-3358-1954

代表取締役 才木 真一郎

資本金   900万円

 

営業品目

水処理装置の開発,製作,生物処理,電気化学処理,物理処理

化学処理,食品加工機械製作


主な取引先

㈱日立那珂エレクトロニクス

㈱前川製作所

三菱電機㈱神戸製作所

㈲ケイ・エスコーポレーション(韓国向電解装置)


技術提供先

㈱日立那珂エレクトロニクス

㈱前川製作所

㈲ケイ・エスコーポレーション

㈱クレハエンジニアリング               他11社



技術相談者

山口大学教授  大佐々  邦久  電気化学

東京大学教授  松  本  聰   土壌処理

大阪大学教授  竹  本  喜一  高分子学