HP-68000

1.次亜塩活性水とは

 ・次亜塩を電解することにより、

  要求に応じた量の次亜塩活性水を生成する装置で、

  有効塩素量を調整する事が可能。


 ・井戸水処理後などで塩素臭がする原因は

  「アンモニア性窒素や有機物」次亜塩素酸と反応して

  クロラミン化合物を生成します。

  [NH3+HCℓO→NH2Cℓ+H20]電解する事で、

  この結合は弱くなり塩素臭は減少します。


2.電気分解のメカニズム

 ・陽極においては電解によりOH(活性酸素)が発生し、

  この活性酸素によって種々の有機物が酸化され、

  陰極においては、電解によりH+(水素)が発生し、

  このH+(水素)によって種々の有機物が還元されます。


 ・陽極(+)と陰極(-)に安定した電気を通電し

  活性酸素や次亜素酸を生成し水中の細菌などを酸化分解します。


3.装置の特徴

 ・特殊な電極により3年間の連続運転を保障します。

  30年の納入実績あり(規定の条件を超えないこと)


 ・ろ過材、フィルター等の延命



装置の用途

1.井戸水(地下水)などのアンモニア、他有機物等の除去

2.工業用廃液の処理(脱色、除菌、窒素除去等)

3.下水・工業用水の滅菌

4.塩素系殺菌処理を使用しているすべての場所

システム例